maxresdefault (11)
引用元:https://www.youtube.com/watch?v=5P1Md792fF8&t=37s

Developer Update | Popular Community Topics | Overwatch


レポートシステムの進歩、対応状況

最小限に抑えることはオーバーウォッチのみならずBlizzard全体にとって大きな課題です。
私たちは日々対策をしており、ご存じの通り家庭用ゲーム機版でもプレイヤーの報告が可能になり大きな成果を上げている。アカウントの凍結や停止、発言の禁止などの措置を受けそうなプレイヤーに対してBlizzardが問題とみなした場合はペナルティを与えるなどとして警告し大きな効果があった。さらに問題あるプレイヤーを報告したプレイヤーに対しても「報告いただいたプレイヤーに措置をとりました」とゲーム内メッセージを残すようにした。これらの対策を実施してからライバル・プレイにおけるチャットの暴言は17%減少しており、データを獲って追跡したところ非常に良い結果がでている。それだけでなく悪質行為を報告してくれるプレイヤーの数も20%増加している。以前よりも効果が上がったことでコミュニティに大きなインパクトを与えています。

問題行動の検出の例としてはYoutubeなどのソーシャルメディアを使って特に悪質な行動を探し出し、ほかのプレイヤーがそれを報告したり、そのような行為が再発するよりも早くその行為に加担したアカウントを追跡しています。


ヒーローのバランス調整
調整の方針や好きなヒーローが強化されない理由について多くの質問を受けます。そこで私たちのヒーローバランスの調整の方針についてお話したいと思います。バランスの調整の方針は3つの要素から成り立っており、コミュニティからのフィードバック、統計データ、ゲーム開発者としての私たちの洞察力の3つです。

今後のバランス調整についてですが、現在公開テストサーバーでマーシーをテストしています。リザレクトの影響力を低下させて、ヴァルキリー状態のマーシーが相手チームを圧倒しないようにと考えています。彼女は人気のヒーラーであり、私たちも大好きです。彼女は機動力に優れています。アルティメットのリザレクトをヴァルキリーに置き換えてリザレクトをツウジョウノアビリティにしましたが、現状ではアルティメットが2つあるような状態でヴァルキリーと合わせると強すぎるので少し弱体化が必要です。マーシーは大人気のヒーローなので多くの意見が寄せられています。皆さんの気持ちは伝わってます。弱体化しすぎているようなら、元に戻します。変更による影響については注意深く観察していきます。彼女をライバル・プレイから排除したいわけではありません。リザレクトの影響力を下げる必要があるだけです。バランスをとることは可能なはずです。別のアビリティに置き換えるべきという意見もありますが、リザレクトを残したままバランスを獲ることは可能だと思っています。

ジャンクラットについてですがコンカッション・マインに距離減退を実装します。現在は減退がありません。今後はコンカッション・マインを生活に狙う必要が生まれ、たまたま運よく当たっただけとは感じなくなるでしょう。これに関してもちょうどいいバランスになるよう監視を続けます。

ハンゾーについてですが、多くのプレイヤーが矢散五裂にフラストレーションを抱いています。これについては現在2つの方針があり、ひとつはフェアな性能に調整する方法です。例えばオリーサでプレイしていても、矢散五裂を足元に撃たれると一撃で倒されてしまいます。このような状況をもとに矢散五裂のバランスを調整していきたいと思います。あるいは矢散五裂を別の何かに置き換えることも検討しています。

メイも頻繁に話題に上がります。ライバル・プレイの分析サイトでの彼女のピック率やオーバーウォッチリーグでのメイのピック率を見て不安を感じ、開発はメイに対してなんらかの調整を行う気はあるのかと、メイがひどい状態であるとは思ってませんがもう少し活躍できるよう少しだけ調整を行うべきかもしれません。

他に話題になっているのはシンメトラです。彼女については私たちも熱心に議論しています。彼女に大きな強化は必要ないと思います。彼女は状況に依存するヒーローであり、それを想定してデザインされています。つまりシンメトラを選択すべきではない状況も存在します。ただし彼女は全体として十分に活躍できていないので少し強化を考えています。


最後に
私たちはみなさんがどのようにプレイしているのか常に注目しています。どのヒーローでどのようなプレイをしてどのくらい活躍をしているのか、さらにプロシーンにも注目しています。彼らのプレイを見ればトップ層におけるバランスを知ることができます。すべてが役立っています。皆さんお協力に心から感謝いたします。他者をいたわる気持ちを忘れずにどうぞゲームをお楽しみください。

ではまた次回。