左上のメニューバーから新着コメント等を見れます

大会 Esports

OWL試合結果!【Season Opening Weekend Day1】

投稿日:

 

 

Toronto Defiant vs. Paris Eternal

Toronto Defiant

スタメンでSurefourじゃないのは驚きました。

LogixとAgilitiesのデュオでしたね。

タンクとサポートは控えがいないのでこのメンツ

 

 

Paris Eternal

パリもSoonが出ないのは少し残念でしたが、

新加入のXziとNicoのデュオ。

 

そして驚くことにメインタンク2人がスタメン

 

サポートはベテランKruiseを抑え、期待のルーキーFDGodが出場ですね。

 

 

結果

 

 

Map1ではオリーサハルトの2枚盾に意表をつかれ、パリにあっけなく取られますが

Map2以降は対応し始め、危なげなく3-1でトロントの勝利。

(パリが最後まで2枚盾を変えなかったのは事情がありそうですが、、、)

 

 

2CPルナコロ防衛ではハックフィストダイブなんて構成もありました。(Kellexがゼニは驚きました)

 

 

最終マップHavanaではLogixのウィドウショー。

ヒットスキャンでマッチアップしたXziへの洗礼かと思いましたよ…

 

 

しかし負けはしたものの、パリのXziもFDGodもルーキーながら、のびのびプレイできていたかと思います。

 

 

FDGodの緊張を感じさせないブーププレイ

 

Agillities、貫禄のDoomfistでの4K(めちゃ重要なポイントセーブでした!)

Surefourもリーパーで高いパフォーマンスを見せていました!

 

フルのビデオはこちら

 

 

 

 

London Spitfire vs. New York Excelsior

スタメン

あ、ホームスタンドで入場が特殊演出だったのでスタメンはこれで見てください。

 

ロンドンは(GlisterとHighly以外)誰もわかんねえや!

実力は未知数ですが、トライアウトで残った猛者たちであることはたしか…

 

NYXLのスタメンは、Nenneと待望のWhoRUのデュオ(LiberoとSaebyeolbeを抑えての出場です。)

 

ニューヨークのホームスタンド特殊入場(真ん中の旗を持つは一時引退のPine)

 

 

 

結果

 

Map1はどうしたニューヨークと思わずにはいられない2-0

しかも2ラウンド目はC9からのしっかり集団戦負けるんかい!の流れ

個々で好き勝手やってた感が否めませんね…

 

とはいえWhoRUの2Kからの粘りを見せるプレー、めっちゃ惜しい!

 

Map2はHotbaのボム祭りもあり、オーバータイムまでもつれるもニューヨークが取り返します。

 

Map3では2CPのルナコロでソンブラゲンジダイブ構成。

 

WhoRU待望のゲンジです!

 

 

ニューヨークは流れるように2拠点確保で攻撃を収め、防衛はハルトDvaの構成でB拠点を守り切り勝利。

 

Map4では調子を取り戻したニューヨークがトレーサーメイというピックで、

ポイント1手前でホールド。

 

ヒヤッとしたもののホームスタンドでの勝利を収めます。

 

フルのビデオはこちら

 

 

Vancouver Titans vs. Los Angels Gladiators

Vancouver Titans

 

Ryujehongは控え

ヒットスキャンが必要ってことで安定のStitchですね。

そしてFissureのビジュアルがなんか…なんか…(兵役考えてたみたいなんでしゃーない)

Fissureの古巣キラーのジンクスは続くでしょうか!

 

 

Los Angels Gladiators

 

BigGooseとShazのサポートラインは安心しますね。

メインタンクの先発はOGEを抑えてLHCloudy

昨シーズン末、萎え落ちしたBirdRingのパフォーマンスやいかに

 

 

結果

 

すんごい接戦でしたが3-2でバンクーバーの勝利!

Fissureの古巣キラー伝説は続きます。

 

Map1を2-1でグラディエーターズが先取するものの

(Fissureの調子上がらず?)

 

Map2から調子を上げてきたHaksal、Stitchの猛攻を凌げず、、

 

Map3ではHaksalのナノフレードが大暴れ!2拠点を楽々攻め切ります。

グラディエーターズの攻撃は足並みそろわずフルホールドされてしまいます。

 

名の由来でもあるHaksalの大虐殺

 

Map4ではグラディエーターズはメンバーチェンジ

LHCloudy→OGE

Jaru→Mirror

ダイブ構成を交えながら、二人とも高いパフォーマンスでバンクーバーを押し返します。

 

BirdRingもリーパーでナノブロッサム4K

 

ラストMap5でグラディエーターズはメンバーを戻すものの、

いまいちかみ合わずバンクーバーがこの接戦を制しました。

 

グラディエーターズはLHCloudyがハルト、OGEがウィンストンという棲み分けでしょうか…

あとはMirrorが高いエイム力でいいプレイをしていたため、もっと見たいですね!

 

フルのビデオはこちら

 

 

 

Los Angeles Valiant vs Dallas Fuel

Dallas Fuel

DPSは移籍してきたDecayと、Element Mysticから加入したDoha

タンクはGamsuとTrillでメインタンク2枚

サポートはTeamEnvyから昇格してきたCrimzoとおなじみのCloser

 

 

Los Angeles Valiant

ヴァリアントはロスターを一新したため、リーグでは見慣れない顔が多いですが、

OWWC日本代表Hakuの所属していた今は亡き XL2 Academy からKSP、GiGが加入。

サポートはLastroとRainのコリアン2枚で支えます。

 

 

結果

 

3-1でヴァリアントの勝利!!

ダラスのDay2の相手はショックであるため、今日勝っておきたかったところですが…

ホームスタンドですし…

 

 

Map1はハルトオリーサの2枚盾でダラスが先取。

 

期待のDecay、スピブデッドアイからのキルフィード

 

Map2はKSPのマクリーが猛威を振るいます。

ヴァリアントのタンクラインもよりアグレッシブに。

 

シャター+チャージでGiGのアシストからMcGravyの自爆含む6K

2ポイント手前でダラスをホールド。ヴァリアントが取り返します

 

 

Map3は両者2拠点取るも、タイムバンクの差でヴァリアントが確実に押し込む形に

 

Map4もKSPとDecayのマッチアップが目立ちましたが、僅差でヴァリアントに軍配

 

 

今日の試合Decayはクラッチプレイで尽力しましたが勝利にはすこし及ばず、、

 

ヴァリアントのサポート2人の活躍が顕著に出ていたと思います

 

KSPはすでにOWLレベルだと証明するようなパフォーマンスでしたね

ヴァリアントはDay2のバンクーバー戦で一泡吹かせることができるか楽しみです!!

 

 

フルのビデオはこちら

 

 

関連記事

-大会, Esports
-, ,

Copyright© オーバーウォッチ速報 | Overwatchまとめ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.