cover
この記事は既に掲載されてましたが、コメント欄で話題にしたいリクエストがあったため転載しております

ハンゾーのリワークから少し経ちました。
体感的にも動画のハイライト的にもハンゾーやべえwwwと感じてる人が多いと思いますが、
データ上でもそれが示されましたので見ていきましょう。
原サイトはこちらです。

damage

各ヒーローごとの10分間ダメージ量の比較です。
ブリギッテの参戦により、全体的にヒーローが生き延びる時間が増えています。
ヒーローが生き延びるということはダメージを出し続けられるということであり、
全体としてはブリギッテ参戦前より5%、ダメージ量が上がっています。

その中でハンゾーは23%も上昇をみせ、
ブリギッテのカウンターとされるファラでさえ+9%です。

arrows

矢散五裂と電光石火のダメージ量のランクごとの比較です。
(ブリギッテ参戦時からのデータ比較)
33%ものキル上昇をみせています。

矢散五裂は瞬間的にダメージを与えることに対して、
電光石火は継続的にダメージを出せるところがポイントとのことです。
またタンク陣には電光石火のほうが明らかに強いということです。

矢散五裂は運で左右されるためプラチナ以上はキル数がほぼ横ばいですが、
電光石火はスキルが高い人ほど、
より強いということもグラフが示しています。

usage

使用率の各ヒーロー、各ランクごとの比較です。
ハンゾーの使用率は全ランク帯で22%の上昇、
グランドマスター帯では42%もの上昇を見せています。
(ジェフによる完全なメタ移行シナリオでしょう)

winrate

勝率の比較です。
ハンゾーはリワーク前は50%以下の勝率でした。
トロール扱いすらされていましたが、現状そんなことはなくなりました。

上昇率は全ランク帯で+6%、
マスター帯で+8%、グランドマスター帯では+11%です。


電光石火は、よりスキルの高いプレイヤーの潜在能力を引き出し、
現在トレーサーなどのフランカーが活躍できないメタなので、
よりハンゾーが生きるメタとなっています。

DPSをメインにする人たちは、
ハンゾーが嫌いでなければプレイするべきでしょう、とのことです。


ィキロ