左上のメニューバーから新着コメント等を見れます

チーム・選手 Esports

オーバーウォッチリーグヒール量ランキング!一番ヒールを多くした選手は誰?

投稿日:

 

 

1年間待ちに待ったオーバーウォッチリーグももはや今年ももうステージ2が終わり、ステージ3を迎えようとしている。

シーズン2はもっとたくさんのチームが参加し、たくさんのプロゲーマーがリーグに参加した。

そして、有能なヒーラーの人材も自然に増える。100人が超える選手の中、チームを最も多くケアし、後ろで支えたヒーラーは誰か?

 

見えない後でチームを最もケアした選手はだれ?

 

 

グラフの左側から右側の順で順位を表したものである。

輝く1位はチームSFのViol2t選手であった。

私の個人的な見解を付け加えると、3勝11敗のValiantチームのイザヤキ選手とブリギッテモストで3位の座を光ったRascal選手が気になる。

イザヤキ選手のチームは11敗をしている状況で、大会でいつもチームメンバーの生命力が少ないわけでヒール量が多いのは納得の数字であると思う。

要するに、相手より攻撃されたチームの方がヒール量が高いと思われる。

Vancouver チームのように、チーム自体が実力があると、ケアする対象がないわけである。

もしくはヒーラーのキャリーでヒールが要らない時もある。

決して上手いチームだからといって下手なヒーラー選手がいる訳では無い。

だが、もっと攻撃されるチームのヒーラーは他のチームのヒーラーよりたくさんの練習を行い、ヒールをしているはずである。

負けているチームのヒーラーも応援すべきである。

 

また、Rascal選手はヒール量が少ないブリギッテでありながら3位をしている。Rascalの技量がよく分かるデータになる。

今後3、4ステージを経てまた変わってくるデータも楽しみである。

 

 

 

関連記事

-チーム・選手, Esports
-, ,

Copyright© オーバーウォッチ速報 | Overwatchまとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.